最近聴いたアニソン

最近聴いたアニソンで良いなと思ったものについての感想など。

田所あずさ「箱庭の幸福」

田所あずさ「箱庭の幸福」 作詞:大木貢祐 作曲・編曲:神田ジョン

冒頭、Aメロの簡潔な伴奏はインパクトがある。このような音が声と上手く混ざる(音楽的に調和する)のは、歌い手が、歌手としてのみでなく、声優としての声の技量があるからではないかと思った。歌声に解像度の高さのようなものは感じられる。従来的な意味での音楽の専門性では到達しがたいような、声の音楽的領域というものはあるのではないかと思う。サビの前に間奏のある構成も良い。

Aimer「残響散歌」

Aimer「残響散歌」 作詞:aimerrhythm 作曲:飛内将大 編曲:玉井健二、飛内将大

旋律にロングトーンや、音価が長めの音が少なく、言葉を詰め込むような速い音価を基調としていること、歌詞の言葉のチョイスなどから、ボーカロイド文化の影響が感じられるような作風であるように思った。

旋律は、速めの音価を基調とするところに、裏拍に相対的に長めの音価の音を置いて流れを整えている箇所がしばしば見られる様式。またその際多くは跳躍進行を伴って旋律にアクセントを配し、モチーフ的に機能して旋律を特徴づける。

曲全体として強い印象を放っているように思うのは、言葉の躍動している感じ。なるほど、日本語の歌というのは、こういう風で良いのかと思わせるところがある。

言葉の意味を解き放つように歌うことができる。作曲手法の面で、日本語をうまく扱えている。

この様式の良さを知ろうとするなら、この曲をただ聴くだけよりも、一度カラオケで歌ってみてもよいかもしれない。

坂本真綾「言葉にできない」 

坂本真綾「言葉にできない」 作詞・作曲:坂本真綾 編曲:h-wonder

Bメロのセクションの旋律の扱いが面白い。サビの旋律の音の形が良い。総じて構成が良い。Aメロの次はBメロだからBメロ。Bメロの次はサビだからサビ。というような作りではない感じの、展開にモチベーションがある感じ。言葉が音楽の展開を導いている。

最近聴いたアニソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る